ドライハーブを保存しよう! ~レモングラス編~

夏の間に収穫したレモングラス。
乾燥させて保存して、冬でもおいしいハーブティーをいただきましょう。

その方法は・・・。
まずは、収穫!株を10~15cm残してバッサリ!
a0155450_16585785.jpg

端をひもでしっかり結んで、風通しのよい日陰でしっかり乾燥!
a0155450_16593883.jpg

しっかり乾燥したら、密閉袋やビンに乾燥剤と一緒に入れて保存。
a0155450_170819.jpg

その時に、密閉袋やビンに入る長さに切って保存するといいでしょう。
ハーブティーを入れる時には、1~2cmくらいに切って入れるといいのですが、保存の段階からその長さに切ってしまうと、酸化が進んでしまうので、面倒でもハーブティーを入れる直前に短く切ることをおススメします。ハサミを入れるたびにレモンのさわやかな香りも楽しめますよ。
保管場所は、高温多湿を避け、冷暗所で保存しましょう。

そんなレモングラスをちょっとご紹介!

レモングラス
学名:Cymbopogon citratus
イネ科の多年草
世界三大スープの一つ、トムヤムクンに使われているハーブです。
すっきりしたレモンの香りで心身の疲れを癒し、集中力を高めてくれます。また食欲不振や消化不良で胃がムカムカするときにもおススメです。
それから、ちょっと飲みにくいハーブとブレンドすれば、さわやかな風味でまろやかに。

レモングラスは、冬の寒さに弱いハーブです。ご自分で育てている方!注意してくださいね。
お住まいの地域によりますが、ここ栃木のような寒さの厳しい地域では外での冬越しは厳しいのです。
地植えの場合は、掘り起こし鉢に植えかえするか、しっかりマルチングをして霜から守ってあげましょう。
鉢植えの場合は、霜にあたらないよう家の中の陽の当たる暖かい場所で冬を越します。

来年も元気に育つようにきちんと管理してあげましょうね。
では、おいしいレモングラスのハーブティーを召し上がれ・・・。
[PR]
by herbnajikan-yasu | 2010-09-30 17:03 | ハーブ